経済学研究科・経済学部について
特徴

総合大学の魅力

本研究科には総合大学としての大阪大学の一部であるという魅力があります。欧米では、大学院教育はリサーチ・ユニバーシティーと呼ばれる一流の総合大学で行われることが常識となっていますが、本学は11学部、16研究科、5研究所、24教育研究施設(平成22年10月)などを擁する名実ともにわが国を代表するリサーチ・ユニバーシティーであり、医学・歯学・理学・工学などにおいても世界的名声を得ています。現在、1万6000人以上の学部生に加えて、 8000人以上の大学院生が本学において学んでいます。

平成18年度からは、大阪大学金融・保険教育研究センターが新しく設立され、金融・保険分野での研究を志す大学院生にとって、学際的で最先端の教育と研究環境が提供されています。

リサーチ・ユニバーシティーとして、大阪大学には、図書館、コンピュータ施設、福利厚生・健康管理施設などを完備しているだけでなく、すべての分野にわたり真理を追究する学者の共同体としての学風があります。諸外国の大学や研究機関との交流も活発で、当研究科が持つ協定大学6校に加え、本学全体では、100以上の諸外国の一流大学と学術交流協定を結んでいます。本学には50数か国から約1000人の留学生が学び、長期、短期で研究に従事する外国人学者の数は昨年1500人を超えました。諸外国から多くの留学生を受入れ、諸分野において多くの優秀な研究者を世に送り出している本学の学位は、世界で通用するものです。