学部・大学院 |大学院|
専攻・コース

HOME > 学部・大学院 > 大学院|専攻・コース

博士前期課程(修士課程)

本研究科では、以下の3点に重点を置き、2年間の修士課程プログラム(経済学専攻もしくは経営学専攻)を提供しています。
1. 国際的に通用する優れた研究者を養成する
2. 高度な専門知識をもった職業人を養成する
3. 産業界および官界との連携、協力を通じて、産業界における高度な世論の形成と学問的知識に裏付けられた
  政策立案に貢献できる人材を養成する
博士前期課程では、毎年経済学専攻で50名、経営学系専攻で33名の学生を受け入れています。

経済学専攻

経済学専攻は、毎年50名の学生を受け入れており、日本で最も優れた経済学プログラムとして知られています。このコースでは、前期課程1年目に基礎科目(マクロ経済、ミクロ経済、エコノメトリックス)の履修を通じて経済学研究に必要な基礎知識を修得します。これら基礎科目はスクリーニングを兼ねており、これらの単位すべてに加え、基本科目の履修と併せて必要とされる単位数を取得し、2年目に優れた修士論文を提出すれば、後期課程へ進学することができます。

専門科目としては、マクロ経済学、ミクロ経済学、エコノメトリックス、公共経済学、金融経済学、労働経済学、国際貿易、国際金融、数理経済学、行動経済学、経済史、経営史など幅広い分野の経済学から選ぶことが出来ます。

経済学コース

経済学コースは、経済学の優れた研究者の育成を主目的としています。このコースでは、1年目に基礎科目(マクロ経済、ミクロ経済、エコノメトリックス)の履修を通じて経済学研究に必要な基礎知識を修得します。これら基礎科目はスクリーニングを兼ねており、これらの単位すべてに加え、基本科目の履修と併せて必要とされる単位数を取得し、2年目に優れた修士論文を提出すれば、後期課程に進学することができます。


応用経済コース

応用経済コースは、国際的な社会・経済環境の変化によりその要請が日増しに高まっている高度に専門的な知識に裏打ちされた人材の育成を第1の目的とし、経済学の最先端のツールを用いて経済社会を分析する能力を培います。そのため、本コースの学生は前期課程で修了することを基本と考えています。このコースの前身である前期課程政策専攻の修了者の多くは、企業・官庁・国際機関等に就職し、専門職業人として高い評価を受けています。本研究科では、後期課程に応用経済コースに対応する政策専攻を設置しており、この点は、他大学の専門職大学院(公共政策大学院等)とは異なっています。したがって、高度職業人を目指して応用経済学コースに入学した学生が、入学後の研究を通じて研究者へ志望変更した場合、優れた修士論文を提出し、試験に合格すれば、後期課程に進学することもできます。実際、これまでも応用経済コース(旧政策専攻)に入学した後、博士後期課程に進学し博士号を修得し、大学や研究機関に研究者として就職した学生が多くいます。応用経済コースは、学生にとって就職と後期課程進学という選択における柔軟性に富んだコースといえます。


歴史コース

歴史コースは、我が国における経済史・経営史研究の拠点であり、この分野の優れた研究者の育成を主目的としています。このコースでは、1年目に基礎科目(経済史、経営史)の履修を通じて経済史・経営史研究に必要な基礎知識を修得します。これら基礎科目は、経済学コース同様、スクリーニングを兼ねており、これらの単位すべてに加え、基本科目の履修と合わせて必要とされる単位数を取得し、2年目に優れた修士論文を提出すれば、後期課程に進学することができます。

経営学系専攻

経営研究コース

経営研究コースは、経営学の優れた研究者の育成を主目的としています。2年間にわたる研究指導演習1〜4においてスクリーニングが行われ、優れた修士論文を提出すれば後期課程へ進学することができます。


MOTコース

MOTコースでは、大学院工学研究科と協同し、技術経営に優れた人材の養成を目的としています。このコースの特徴は、3年間で工学修士と経営学修士の二つの学位を修得することができることにあります。すなわち、最初の2年間で二つの学位の一つを修得し、その後1年間でもう一つの学位を取得することができます。MOTコースは、工学と経営学が融合することで、技術を知った経営者、経営を知った技術者を養成することを目的としており、今、最も注目を浴びているコースです。


ビジネスコース

ビジネスコースでは、ビジネス分野において求められる高度な専門知識を備えた職業人の養成を第一の目的としています。そのため本専攻の学生は前期課程で修了することを基本と考えています。ただし、ビジネスコースは他大学の専門職大学院と異なり、後期課程の設置された大学院です。したがって、高度職業人を目指して入学した学生が研究者へ志望変更し、優れた修士論文を提出すれば後期課程に進学することもできます。ビジネスコースも応用経済コースと同様に学生にとって就職と後期課程進学という選択における柔軟性に富んだコースと言えます。


グローバル・マネジメントコース

グローバル・マネジメントコースでは、グローバルな視点を持つ都市・地域開発や技術開発に精通した高度なマネジメント能力のある人材の育成です。将来の進路については、ビジネスコースと同じ道が用意されています。グローバル・マネジメントコースでは、言語・地域・経済・文化を基礎に、巨大でかつ発展の著しいアジアに根ざした企業経営や技術開発に重点を置いたマネジメント教育を行います。