学部・大学院 |学部|
理念と方針

HOME > 学部・大学院 > 学部|理念と方針

体系的少人数教育

本学部の教育上の大きな利点は、体系的なカリキュラムと少人数教育を実践していることです。
教員一人あたりの学生数、学生一人あたりの設備など、国立大学の恵まれた環境条件がこれを可能にしています。

本学部がとくに重視している専門セミナー・研究セミナーでは、この利点が最大に発揮されます。
2・3・4年次学生は自分で選んだ先生の専門・研究セミナーに参加し、
教員と学生との対話形式で、専門分野のテキストを勉強したり、学生個人の研究報告を行います。
1学年10〜20名程度の少人数ですから、先生のマン・ツー・マン指導を受けることができます。
それとともに、研究セミナーは、先生との人間的ふれあいが実感できる場であり、生涯の学友に出会う場ともなっています。

本学部に入学する学生諸君はきわめて優れた能力をもった人たちです。
最高学府として本学部は、託されたこの優れた能力にいっそう磨きをかけて、
世の中に送り出さなければならない責務を負っています。
この重大さを認識し、私たちは教育に情熱を傾け、社会に自信をもって阪大経済学部卒業生を送り出したいと思っています。