国際交流 |海外留学|
留学の種類・選考方法

HOME > 国際交流 > 海外留学|留学の種類・選考方法

交換留学

大学間交流協定校への交換留学

大学間交流協定校への交換留学大阪大学が授業料等の相互不徴収及び単位互換等を明記する学生交流協定を締結している、
世界各国の99大学へ留学することが可能です。
大学間交流協定校への留学や手続きについての詳細はこちらを確認ください。


部局間交流協定校への交換留学

大阪大学の経済学部・経済学研究科において、外国の大学と交流協定を結び、
1セメスター以上1年以内の期間で、学生の交換をしようとする制度です。
毎年本学部内で選抜試験を行い、応募条件を満たす者を交流協定のある外国の大学の派遣候補者としています。
(ただし、派遣候補者として内定しても、受入先の協定校より受入許可が出ない場合は留学できません。)
留学によって卒業が遅れることがないように、本学部では交流協定のある大学への留学期間を本学期間とみなし、
また単位互換制度を設けています。
授業料相互不徴収の協定を結んでいる大学では、本学に授業料を納入することで、
先方の授業料が免除され、滞在費については日本学生支援機構の留学生交流支援制度に応募できるほか、
渡航費については本学部独自の援助制度が用意されています。


部局間協定交流校および各校の留学条件(10校)

大学名(国名) 派遣人数(上限) 対象者 授業料相互不徴収 語学条件
パリ商科大学
(フランス)
5 学部生△
院生○
TOEFL
iBT:80
iELTS:6.0
ESSECビジネススクール
(フランス)
6 学部生○
院生○
TOEFL
iBT:80
ゲーテ大学
経済経営学部

(ドイツ)
2 学部生○
院生○
TOEFL
iBT:80
ロンドン大学
SOAS

(イギリス)
2 学部生○
院生○
IELTS:7.0(5.5*)
* ELASに出願する場合
ブリディッシュコロンビア大学
ソウダービジネススクール

(カナダ)
5 学部生○
院生×
PTE:65
TOEFL iBT:90
IELTS:6.5
国立台湾大学
管理学院・社会科学院

(台湾)
1 学部生○
院生○
TOEFL iBT:80
国立政治大学
社会科学院

(台湾)
1 学部生○
院生○
TOEFL iBT:70
国立成功大学
管理学院・社会科学院

(台湾)
3 学部生○
院生○
TOEFL iBT:70
メリーランド大学
経済学部

(アメリカ)
- 学部生○
院生×
× -
ジョンズホプキンス大学
経済学部

(アメリカ)
- 学部生○
院生○
× -

選考について

選考は書類(所定の申請書類あり)及び面接を基本としますが、地域によっては別途語学試験を課す場合もあります。
なお、TOEFLやIELTSのスコアが提示されている大学への応募は、事前にそれらの試験を受験済みであることが条件です。
受験済みのスコアが基準に達していなくても応募は可能ですが、
基準をクリアすることが派遣先大学から入学許可を受けるための必須条件となるため、
出来るだけ早い時期からこれらの語学試験を受け、語学条件をクリアしておくことが望ましいです。
(TOEFLやIELTSは、複数回受験してスコアを上げていくというケースが少なくありません)


応募書類

① 願書(6月上旬よりKOAN掲示版に掲載しますので、各自ダウンロードしてください。)
② TOEFL等の受験スコア
③ プロポーザル
(留学の目的について、留学先の言語でダブルスペース4-5枚にタイプしたもの、およびその日本語訳)

上記の書類は教務係へ提出して下さい。

個人留学

大学を通さず個人応募で留学することもできます。その場合、手続きなどをすべて自己責任で進めることになり、
費用面なども含め十分な準備が必要となりますが、大阪大学を通じて応募できる大学以外にも
留学先を選べるというメリットがあります。
留学期間も3ヶ月未満縲鰀1年と様々です。授業料等の費用は全て自己負担となります。


海外研修プログラム

大阪大学全体で行っている海外研修プログラムがあります。詳細は、こちらをご確認ください。