部局間協定交流校

台湾国立成功大学(英語名:National Cheng Kung University,通称NCKU)は、1931年に設立された台湾の名門大学で、台湾南部の台南市に位置します。キャンパスは約187ヘクタール、文学・理学・バイオテクノロジー・工学・電機情報学・プランニングデザイン学・経営学・医学・社会学の9つの学部88の学科から成る総合大学で、学生数は2万人を超えており、世界各国から600名ほどの留学生が在籍しています。経営学部はその規模において台湾で1、2位を争うほどです。海外協定校数は37か国246校に上り、大阪大学経済学研究科とは2005年に交流協定を締結しました。履修できるコースとしては経営学部国際マネジメント学科に設置されている「Strategic and Marketing」、「Finance and Accounting」、および「IT、Operations and Decision」等のコースがあります。

台南市:台湾の中で一番古くから栄えた都市で、明・清の時代は台湾の中心都市でした。台北に首都が移ってからは、台湾で4番目の都市として文化・教育の面で発展を続けています。歴史遺産も数多く存在しています。