留学経験者の声

ESSECは世界で唯一の高級ブランドのMBAと、世界でも有数の観光などのサービス業専門のコースを持つ経営学研究科を有しています。私は高級ブランドの研究コースを受講していました。

ルイヴィトンやシャネルなどの高級ブランドの経営戦略やマーケティング手法を学ぶことにより、どのような消費者にどのように「イメージ」や「経験価値」を届けるのかということを知りました。また、西欧諸国の歴史や文化からマーケティング戦略を紐解くというのは日本人にはハードルが高かったものの、多文化理解にもつながったのではないかと思います。世界中から留学生が集まる国際的な環境で、様々な考え方や習慣を持った学生同士で同じブランドを検討するというのは得がたい経験になりました。

授業は日本の授業と違い、一コマが3時間と長いのですが、その分一学期が短く、留学期間に集中的に学べることも魅力でした。3ヶ月の間はヨーロッパの中心地という地の理を活かして近隣諸国で行われる学会などにも参加することができ、充実した毎日を過ごすことができます。シャルル・ド・ゴール空港にも近いため、週末に小旅行も楽しみました。海外からの留学生と一緒に旅行をすると、同じ物を見ても違う見方をするのだということを実感できました。

現フランス大使がESSECの卒業生ということもあり、帰国後にはフランス大使公邸にご招待いただくなど、留学後にもESSECとのつながりがあり、日本でも人脈を得ることができます。フランス語が話せなくても英語だけで十分やっていけますので是非チャレンジしてみてください。