留学経験者の声

留学を決めた理由

大学生活に変化が欲しいと感じ、留学を考えていたときに、指導教員であった福重先生に阪大経済学部が国立台湾大学の社会科学院と提携を結んだと聞いたことがきっかけ。

現地で履修した授業およびその感想

まずは中国語の授業について。留学生向けに中国語の授業があり、レベルも様々で、セメスターのはじめに筆記と口頭の試験があり、それによってクラス分けされる。授業の内容は、受け身ではなく積極的に話していくというものなので、毎回楽しく受講していた。先生にもよるが私のクラスは、パイナップルケーキや豆腐を作る体験教室に参加したり、グループでミニムービーを作るなどユニークなものが多かった。この授業で他の国の留学生とも仲良くなることができた。

次は専門の授業について。専門の授業は英語で行われるものを取っていた。私は経済の授業を3つ取っていたのだが、その中で一番印象に残っているのは中国経済に関する授業。院生向けの授業であることを初回の授業時に知ったりと、最初からかなり不安だった。いきなり意見を求められたり、慣れない英語でのディスカッションや、膨大な資料を読んでそれについてのレポートなど、正直何度も心が折れそうになった。それでもなんとか最後の二人一組のプレゼンを終えたときの達成感は大きかった。振り返ると、辛かったが一番成長できたと思える授業だった。

留学を考えている後輩へのメッセージ

交換留学は決して大それたことではないと思うので、少しでも留学に興味をもっている人はぜひ挑戦してほしいと思う。英語が苦手で、中国語がほとんど話せなかった自分でもできたので。また、大学生活に慣れてきて、変化が欲しいと考えていたり、新しいことを始めたいと思ったりしているときに、留学によって環境を変えるのは一つの手だと思う。台湾は日本に近く、親日国であり、日本に似ているところも多いので、全く違う文化圏に飛び込みたいと思っている人には少し物足りないかもしれないが、私自身は台湾に留学して良かったと思う。少なくとも留学後に台湾が大好きになることは間違いない。