JAPANESE | ENGLISH
HOME > 学部 懸賞論文制度

懸賞論文制度

本学部に卒業論文制度はありませんが、これに代わるものとして、懸賞論文制度があります。これは、学生の研究論文を募集し、優秀論文を表彰するとともに、賞金(最優秀賞1篇に10万円、優秀賞3篇にそれぞれ5万円、特別賞1篇に5万円、賞金総額30万円)を与えるという制度です。学生の関心は年々高くなっており、また研究レベルも高くなっています。下表は平成5年度以降の受賞作の一覧です。

近年の懸賞論文受賞作

論題
受賞者


26


最優秀賞 Incentive for R&D researchers and economic growth 八木拓磨・青山康太・竹之下仁宏・LEE RYEGYEONG・新堂翔大・中平凜
優秀賞 就職活動における、複数内定取得時のジレンマ−合理的な意思決定の行動経済学的アプローチー 瀧本恭佑・津田明子・力丸梨子
インターネット通販が与える社会厚生への影響に関する一考察 平原拓也
教育補助政策による格差の固定化への影響について 塩田顕成・沖田篤彦・黒石佳代・高橋秀一朗・高井理紗子・嵐脩真
競争的状況下での新聞売り子問題についての一考察 山野望
特別賞 AHPによる大阪大学のシンボルに関する研究 藤本幸奈・吉竹梨穂


25


最優秀賞 新卒就職活動性を対象にした個人の特性と面接における志望度の変化 岩井中健・門山沙也伽・藤本浩之・松谷貴裕
優秀賞 犯罪抑止政策が地域経済に与える影響 福村晃一・三浦翼・古賀遼介
コンジョイント分析による「ゆるキャラ」の人気要因に関する研究 金子拓矢・山本彩加
特別賞 Dynamic Analysis of an Overlapping Generations Model with Public Capital and Debt Poloicy Rule 後藤大貴・和田正嗣・嵐脩真・入谷峻平・青山康太・川上奈津子


24


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 世帯当たり電力需要量の価格弾力性の推定 西尾直樹・田中和樹・長岡裕人
米国における量的緩和政策の効果に関する実証分析 中坊勇太・河岸恵祐・清水彩加・富田貴之・鍛冶翔志・小林聖政・田所篤
予備的貯蓄と社会保障政策 森本貴陽・太田智仁・城本涼史・森川裕基・有田真希・中西諒・森本香里
特別賞 フロン分解CDM事業が抱える問題への政策提言e 淺田瑞生・川口薫・北奈々・野中章秀


23


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 フェアトレードの市場分析
〜買手寡占緩和に向けて〜
廣内直也・伊藤晋一・金谷賢一
特別賞 公的年金改革のシミュレーション分析 藤崎友之・東久保昌哉・竹村友宏・市川恵里奈・河越瀬奈・中坊勇太・畑中広大


22


最優秀賞 物品税・補助金政策の経済成長への効果 小西邦彦・中浜大貴・東久保昌哉・王柏方
優秀賞 マンガが部活動選択に与える影響の分析 金宏志郎
DEAによるG20加盟国省庁の効率性分析 WAN SHU TING CANDICE
東アジア地域における経済成長の実証研究 西海友博・JARUNGSUCCESS NUDPNOMPOJ・平塚智太郎・樽本暁子・岩橋恭平・翁長安修
特別賞 社会規範からの逸脱行為に関する研究 津村幸
『防長風土注進案』の数量分析 守谷慶祐


21


最優秀賞 財政・金融政策が経済に与える影響 小山希望・永島龍太・花田滋・李殊睿
VXJは将来のボラティリティの情報を持つのか SIM DARA
優秀賞 高速道路無料化は正当化されるか:費用便益分析からみる料金制度の評価 赤木彩華・池浦拓・小川恭平・宮本裕美子
道路整備と経済成長についての実証分析 辻義政・西真央・青木将大・大黒祐介・常田啓介・間瀬悟志
男女間賃金格差の実証研究 橋本明滋・大八木久資・早瀬あゆみ・山村由布・浅倉雅史・小西邦彦・田口和宏・中浜大貴・松村晋太郎・JARUNGSUCCESS NUDPHOMPOJ
特別賞 公共事業支出は政治的要因に左右されるか:国庫支出金の政治経済分析を通じて 中村洋貴・中嶋聖子


20


最優秀賞 日中海賊版論争
〜コンテンツ産業の将来性を問う〜
板谷祐一郎・伊藤千華・韓萌・平宅弘揚・吉岡真希
優秀賞 イノベーションが起こりやすい人的配置と物的環境
-ヒント情報学からの提案-
宮井康宏
日本の「食」と「農」自給率39%から見るビジネスチャンス 尾崎貴太
混雑率が家賃に及ぼす影響から推定される最適料金 内藤勇樹・伊藤絵美・吉村暢晃・大八木久資・岡島圭一郎・西真央・早瀬あゆみ
特別賞 固定価格買取制度
〜太陽光発電の普及に日本人はいくら払えるか〜
安藤大気・東良真実・丸岡慶士
「興味・関心によるコミュニケーションの見える化〜写真共有サイトを対象とした実証分析〜」 新子詩乃


19


最優秀賞 従属人口比率から考える人口構成の決定要因の分析〜少子高齢化と経済成長の関係〜 西弘敏・棚倉典子・林昌史・豊福滋信・富田瑠夏・松原淳 
優秀賞 建設行為による外部不経済の定量的評価
〜日照時間・天空比を用いた実証分析〜
西村雅行・圓谷耕司・岡山康太・小坂泰子・阪上洋一・中澤麻衣
低出生率と経済成長 大城淳
大買収時代における経営戦略
〜アクティビストファンドとの付き合い方〜
柳本明希子・三浦由紀子
日英米への波及効果に見る新興市場大国BRICsの存在感 田中聡志・伊藤志郎・高山輝彦
特別賞 日本の対中直接投資 任暁薇・財前美沙子


18


最優秀賞 日本の為替市場と株式市場との相関関係 LONG DARA
優秀賞 The Silent Water Crisis
〜上水道事業の効率性分析〜
伊藤大輔・佐々木儀広・HORN THEARA
NPOにおける成員間インタラクションの理解 佐々木 儀広
教育投資は地域間格差を是正するか
〜タイ県別データを用いた実証分析〜
西村雅行・二宮裕介・山崎敬介・小田恭・安岡正哉・松谷理代
特別賞 該当者なし 該当者なし


17


最優秀賞 日本のFDIは途上国との貿易を増加させるか? 安保洋平
優秀賞 介護市場における供給者誘発需要仮説の検証 小田恭・川邊康史・蜂谷由利子・平山耕吏・横山和子
ボランティア活動の計量分析:マイクロデータを用いたクラウド・アウト効果の検証 八谷英子・谷藤智彦・大橋 真希・平井洋輔
The Silent Oil Crisis!?トランスログ型費用関数の推計 滝順次・小幡一詞・佐久間 誠・HORN THEARA
特別賞 入札制度の経済分析:公共工事の競争促進を目指して 粂井久輝・山下浩司・谷口有紀・山田奈緒


16


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 多重債務についての考察
〜自己破産者の行動要因分析を踏まえて〜
CHAN CHI FAI・JEFFREY・平井洋輔・奥中綾・藤本洋一
公立病院の改革プラン
〜DEAによる生産性評価とトービット・モデルによる生産性の要因分析〜
稲垣理・佐久間誠・松尾綾子・村田聡・吉浦晶子
市町村合併による歳出削減効果と要因分析 入江庸介・吉野功一・上田晴子・熊代克久・今井大介
共に生きる
〜日本人と外国人の犯罪要因分析〜
川崎雄介・田村淳子・河合利明・川部尚洋・山中雄太
特別賞 地方における政策選択手法の構築
〜GISとヘドニック・アプローチによる大阪府民の選好分析〜
今村美奈子・楠田兼久・花岡大志・大井寛子


15


最優秀賞 A Liquidity Trap in the Lost Decade:Kwong Terk Ming, Leehacharoenkul Chayut 西村忠浩
優秀賞 中古住宅市場のおける価格形成の要因分析 入江庸介・杉山宏旨・滝順次・細田宗嗣・村田聡
出生率低下への処方箋
〜人口減少社会を迎えて〜
大西恭輔・八塚貴久子・川崎雄介・熊代克久・中塚早保
ホームレス発生要因の計量分析
〜自立支援の現状と課題〜
大井寛子・加藤慶子・北上寛子・熊代知暢
特別賞 中小企業金融における政策効果
〜公的信用保証制度の再考〜
大谷咲太・香川明広・田村淳子・河津公祐・東田陽介


14


最優秀賞 明治後期における物価の地方的変化
〜明治徴発物件表と100年前の日本の姿〜
呉服淳二郎
優秀賞 産業としての日本農業
〜過剰労働力の導出とその要因分析〜
粟村眞彦・岡裕章・田中 健太郎・河津公祐・前田哲正
違法駐車の計量分析
〜犯罪抑止への経済学的アプローチ〜
熊代知暢・安藤良平・林晃子・峯松永典
特別賞 ブロードバンド時代の広告投資モデル 瀧川孝幸・Garcia Morina・Noe David


13


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 The Power of UFJ
〜大阪経済活性化のドリームプラン〜
川野健二郎・正木良和・湯浅知子
ODA政策の検証 小川 亮・S.シャラスボーン・大和田俊・S.ソワンソル
弁護士労働市場の経済分析 有本智美・岸田 憲・篠田文隆・塚原有香
サマータイムを考える 磯部亜子・爲近英恵
特別賞 太平洋戦争時日本の産業と企業
〜企画院極秘人員計画に見る軍管理と企業の実態
呉服淳二郎


12


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 消費者行動にみるIT革命 浅野賢二・有本建一・石原嘉人・小川 亮・川野健二郎・武者加苗
診療報酬制度にみる医療制度改革 井上 彩・田中 優・中村和司・奥井 佳・成富千知
教育の経済分析
〜家計投資と政府投資〜
齋藤経史
中立命題の現実的妥当性 蟹 雅代
特別賞 大阪大学豊中キャンパスにおけるペットボトルリサイクル促進のためのデポジット制の費用と効果 岡川 梓・磯部亜子・爲近英恵・藤原建一


11


最優秀賞 転換期の住宅金融公庫 齋藤経史・久保田裕
優秀賞 大阪オリンピックを検証する 半田恵理・山本章・井上彩・小川亮・森山大造・浜麻子
公的年金のシミュレーション分析 栗原吉史・近藤進一・中村和司・田中優
ヴィトナムにおける工業化と労働移動 八木晶・千葉晋士・森谷祥・ニティマップシラス
特別賞 該当者なし 該当者なし


10


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 業界間における賃金構造の相違 中原 伸
再考 PFI事業−PFI導入の可能性 和泉高宏・西森義洋・橋本理恵・浜 麻子・水川慶子
大学改革
−国立大学のあり方を探る−
川原恵一・小針千里・酒本和歌子・井上 崇・大谷 聡
企業寄付金と政治献金の経済分析 清永圭祐・村上大輔
特別賞 該当者なし 該当者なし


9


最優秀賞 該当者なし 該当者なし
優秀賞 タイの経済成長の復活は可能か 日下勝稔・針木直子
ケニアにおけるメイズの価格政策及び輸送コスト削減政策のシミュレーション 松安善伸・茶堂博昭・船越野枝・岩崎倫敦
多目的数理計画法に基づくCO2排出権市場の分析と検証 酒井俊憲・山内亮太・中島福子
米−稲作に対する公共投資の効果を探る 定秀樹・神島琢洋・畑中秀太・冬木祥子
中小企業金融−中小企業向け政府系金融機関の有るべき姿を探る 磯崎真也・川原恵一・小針千里・酒本和加子
特別賞 財政赤字の構造分析−時系列モデルを用いた構造赤字の計測 入江貴司・橋本和奈・吉田和可・小森健太郎
平成9年度から表彰制度を一部変更


8


最優秀作 私立大学の経済行動
−高等教育市場における価格決定分析
石川哲朗・高津芳之
佳作 炭素税導入のマクロ計量モデル分析 山口聡・真岩研徳
80年代後半以降の地価の上昇と金融政策について 西岡慎一
規制緩和のガソリン価格に与える影響 大西康平・植木隆・水口慎一
病院事業における補助金政策の経済効果
−公的医療機関の効率性
柿添桂子・田中信行・龍門雅彦・増田健一


7


佳作 パソコン市場における価格破壊
−へドニックアプローチによる品質調整済み価格指数の計測
菊地俊郎・長谷川豊・日置雅人
社会資本の地域労働市場に与える影響 木口智広・大西康平・松村圭造
郵便事業における規制緩和の経済効果−宅配便参入は何を変えたか 本多裕基・本村知子・桐木香・田中信行
高齢者優遇税制改革のシュミレーション分析
−新たな福祉政策の提言
陶山和久・石智充・倉田慎介・ウォーウェット・スワンラダー
地価上昇・下落の要因分析 山岡武宏・松村悟美・護山龍二・山口菜美
対米ドル円高の実証分析 尾崎夏樹・荒木秀之・井上伸司・池上寿一


6


佳作 米輸入自由化下での施策 尾崎夏樹・織田冬紀・奥田正典・高木賢一・中嶋直樹
在阪私鉄5社の財務的総合評価 鶴原修・上枝正幸
転換期にさしかかる地方自治体
−最適行政規模の導出と自治体再構成
伊延次郎・釜原宏・篠原廉和・矢田宏子
税制改革のシュミレーション分析 加藤徳一・岡本敦史・ウォーラウェット・スワンラダー
年金制度改革
−資産を考慮した給付方法の提案とシュミレーション分析
信貴純一郎・難波剛・松村悟美
高速道路料金の経済分析
−料金プール制は正当化されるか
寺田雄一・本多裕基・前田充生


5


最優秀作 公共投資の国費配分における要因分析−政治との関連 今坂大玄・小林圭志・福林師朋・釜原宏
佳作 相互依存型ネットワーク外部性の性質について 岡本隆・高橋禎胤
円高差益還元に関する料金改定及び電気料金設定の適正度 奥田正典・鳥居宏之・中島是・向田智昭
円高と消費者物価−段階別物価形成モデルによる分析 前川元・古藤友一・難波剛・水口剛司

このページの先頭へ戻る